Tennis Jam

錦織圭ロジャーズカップ2015準決勝マレー戦レビュー!全米オープンに勝てるのか?

錦織圭選手ですがロジャーズカップ2015での優勝が期待されていましたが
残念ながら準決勝でアンディーマレー(GBR)に敗退してしまいました。

8月のハードコートシーズンの錦織圭選手の予定ですが以下の通りです。

8/3~8/9 シティ・オープン(米国/ハード)  ATP500  →錦織圭選手優勝
8/10~8/16 ロジャーズ・カップ(カナダ/ハード)  ATP1000 →準決勝でマレーに敗退
8/17~8/23 ウェスタン&サザン・オープン(米国/ハード) ATP1000→欠場予定
8/31~9/13 全米オープン(米国/ハード) グランドスラム

ウィンブルドン2回戦での棄権以降錦織圭選手はシティオープンで決勝まで進んだ
関係もあり連戦が続いていました。

その結果かもしれませんがロジャーズカップ準決勝では疲れがピークに達していたようで
マレーに敗れています。

ひとまず体調不良を理由として次戦のウェスタン&サザンオープンは欠場ということになりました。
錦織圭選手は万全の体制で全米オープンにのぞんでもらいたいのでひとまず休んでほしいですね。

実際錦織圭選手は全米オープンに勝てるのかどうかという視点でロジャーズカップの
アンディマレー戦のレビューです

【スポンサードリンク】

ロジャーズカップ2015錦織圭vsマレー戦

まずその前にロジャーズカップ2015の大会概要は以下の通りです

大会名:ロジャーズカップ
カテゴリ:ATP World Tour 1000
サーフェス:ハードコート
開催場所:カナダモントリオール
優勝賞金 $685,200(8500万円)

さすがATP1000の大会というだけあって優勝賞金も高いですね。

ロジャーズカップ2015では錦織圭選手は順当に勝ち上がり準決勝でアンディマレー選手と
対戦しました。

結果は
3-6, 0-6のストレートでの完敗なのですが、少なくとも第1セットでは戦意喪失
というわけではなくマレーにブレークされてもブレークバックするという状況が続いており
やる気がなかったのではないと思います。

ただ第2セットは正直体がどうやっても動かないという状況であったのは間違いなく、
ウィンブルドン復帰戦から連日のように9試合戦ってきた疲労の蓄積は
大きかったのだろうと思います。

そういう意味では第1セットの錦織圭選手のプレーしか参考にはなりませんが、
感想としては錦織圭選手のプレはー相当研究されているなという印象を受けました。

錦織圭選手が2014年全米オープンで快進撃をした戦い方の特徴として速度の遅い
セカンドサーブを相手が打ってきたときはベースラインよりも前に出てリターンをする
という戦い方をしてきました。

前にでてリターンをすることで、相手が次にリターンをするのが遅れて後手に回る
ということでストローク戦を有利に運ぶことができていたわけです。

今回ロジャーズカップ2015の放送はNHK BSで行われていましたが、準決勝の相手
アンディマレーの錦織圭のセカンドサーブのリターンの位置は 錦織圭よりも前で
打ち返しているんじゃないか?というぐらい前でリターンをしているデータが
はっきりと出ていました。

つまり錦織圭選手の戦い方は完全に他のトッププロも吸収しており、同様にストローク戦
で有利になるように改善してきているのです。

ここ最近の躍進で完全に研究されている錦織圭選手はかなり苦戦を強いられている
というわけです。

しかし第1セットストローク戦で完敗していたかというそうではなく、序盤は
ブレークバックもして試合を作れていた印象がありますので、ストローク全体の
上手さという点でば錦織圭選手は決してBIG4に負けない力になっていると思います。

そういう意味でやはり重要なのはファーストサーブが入るかどうかということが
非常に大きな焦点になってくると思いますので、全米オープンでファーストサーブの
決定率が上がり得意のストローク戦に持ち込めれば優勝は夢ではないと思います。

ジョコビッチ、マレー、フェデラー、ナダルらと錦織圭選手の違いは集中力だと
言われることがありますが、確かにここ最近ランキング5位以内に入ってきている
錦織圭選手は大きな大会でのベスト4以上というのは慣れていませんので、
確かにその点は劣るかもしれません。

ただウェスタン&サザンオープン欠場により体力的にも回復するでしょうから
全米オープンの戦いに集中してくれるだろうと期待しています。

【スポンサードリンク】

全米オープン2015までの流れ

全米オープン2015(米国/ハード)の期間は8/31~9/13なので錦織圭選手は
2週間の休暇があります。休暇といっても休むわけではないですが、まずは体力を
回復してうまい具合に全米オープン2015の初戦に合わせてもらいたいですね。

今のまま行くと全米オープン2015のシードは第4シードか第5シードだと思われます。
第4シードか第5シードかで異なりますが、準決勝あたりでジョコビッチ、マレー、
フェデラー、ワウリンカあたりと対戦することになると思います。

昨年の準優勝は出来過ぎといえば出来過ぎだったのかもしれませんが、最低限準決勝進出で
今年のグランドスラム大会の最後を飾ってもらいたいと思います。

錦織圭選手のグランドスラム大会制覇は2016年じゃないかと勝手に思っています。
私の勝手な予想を裏切ってくれることを本当は期待しています!

【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top