Tennis Jam

ジョコビッチの生まれ変わる食事の感想とグルテンフリーにすべきなのか?

ジョコビッチの生まれる食事については以前記事にしましたが
このジョコビッチの生まれ変わる食事は単にグルテンフリーの食事をすべきなんだ
ということを押し付けた内容ではありません。

確かにグルテン不耐症の人がグルテンをやめましょうというのはその通りなのですが
・・・・

【スポンサードリンク】

ジョコビッチが生まれ変わる食事で言いたかったこと

ジョコビッチがこの生まれ変わる食事で本当に言いたかったことは単純にグルテンフリーの
食事に変えて僕は強くなったんだよ
だからみんなもグルテンフリーにすべきだという単純な話をしているよりももう少し深い意図が
あると思います。

このジョコビッチの生まれ変わる食事の中でこのような記述があります。

私が信じる方程式はこうだ。
良い食べ物、運動、心がオープンであること、前向きなエネルギー、そして偉大な結果だ。
幸いにも数年、私はこの方程式の中で生きている。どう考えても製薬会社、食品会社が勧める代用品よりこちらのほうがいい。
あなた自身に関する真実を受け入れること、変わっていくこと、分析することを恐れないでほしい。
そして前向きであってほしい。こういうエネルギーが体内を満たすと、文字どおり健康
体力が向上し、そして結果全体が良いものになるのだ。

つまり自分にとって良い食事、適度な運動、常に心が開かれており固定観念に支配されていない状態
であれば人間は前向きなエネルギーに支配され当然仕事、人間関係において良い結果がもたらされる
とジョコビッチは言いたかったのだと思う

なかでも心がオープンであるということについてジョコビッチはこう述べている

戦時下で育ったことで、私はもう一つ貴重な教訓を得ることができた
オープンマインドで新しい手段を求めることをやめてはならないということだ。
私たちはかつて政府の情報統制下で管理されていた。
この悪影響は今も根強く残っている。戦争からは立ち直ることができたが、まだ共産主義体制下で叩き込まれた思考回路は消えていない。
つまり、考え方も、生き方も、食べるメニューも一つしかないと思い込んでしまうというものだ。
私はテニス、そしてエレナ(ジョコビッチ幼少期のコーチ)の薫陶を通じて開かれた考え方を身に付けることができ、そして今後もそうあり続けようと強く決意した

もしジョコビッチがオープンマインドでなかったらこのグルテン不耐症を見抜いた
セトジェヴィッチ博士の話も聞きいれず、食事の内容も今まで通りパスタをバカ食いして
グランドスラム大会の決勝で何度も痙攣して倒れていたかもしれないということですね。

【スポンサードリンク】

オープンマインドで実際に食事をしてみて感じること

ということで
実際にこの本でジョコビッチが言うようにオープンマインドで日々の食事をして
体がどのように感じるのかを観察することにしてみました。

実際に小麦粉系の食事(パスタ、ピザなど)をバカ食いすると血糖値が急激に上昇して
眠くなることは当然なのですが、数時間にわたり午後だるくなることがありました。

実際に昼食をかなり軽くして過ごす場合と比較すればそれは間違いなく感じられることで
頭のキレが違ってきます。

またある特定の食事をしたあと2時間後に吐き気を起こす食べ物があったのですが
それは基礎的な体調が良い時も悪い時も同じように吐き気を起こすことがわかりました。

とまあ
この本を読んでみたことを契機として、今まで何も考えずに食べていた食事を
考えるきっかけになったし、実際に私が食べるのをやめた食事もあります。

あなたも一度今まで何も考えずに食べていた食べ物を食べたあと数時間での変化を
記録してみると面白いことがわかるかもしれませんよ

【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top