Tennis Jam

全豪オープンテニス2016ドローと大会概要!錦織圭は初戦敗退?

錦織圭選手の2016年グランドスラム大会初戦の
全豪オープンテニスのドローがいよいよ発表されました。

錦織圭選手は第7シードで望むことになりますが、今回錦織圭選手はどこまで勝ち進むことができるのか楽しみです。
2016年シーズン開幕戦では3回戦で敗退してしまいましたが、調整の意味合いの大会なのでさほど気にする必要はないと思いますが、2015年の全米オープンテニスからどうもピリッとしない状況は続いていますので、格下にやられることがないように頑張ってもらいたいと思います

全豪オープンテニスの大会概要、全豪オープンテニス2016ドローと合わせて
本大会での錦織圭選手の対戦予想をしていきたいと思います

全豪オープンテニス2016 大会概要

全豪オープンテニス2016の大会概要は以下の通りです

開催地:メルボルン(オーストラリア)
会場:メルボルン・パーク
サーフェス:ハードコート
ドロー:128
優勝賞金:3,800,000豪ドル(約3億3000万円)
賞金総額:44,000,000豪ドル(約38億円)
ツアーカテゴリー:グランドスラム

いつ見ても思いますがグランドスラム大会の優勝賞金はすごいですね
一般庶民からすれば1月だけテニスやって全豪オープン勝てば1年遊んで暮らせますw

ここ最近の全豪オープンテニスの優勝者ですが

2010年 ロジャーフェデラー
2011年 ノバクジョコビッチ
2012年 ノバクジョコビッチ
2013年 ノバクジョコビッチ
2014年 スタンワウリンカ
2015年 ノバクジョコビッチ

ということで とにかく全豪オープンはジョコビッチが強いです。
2015年ジョコビッチがとにかく強かったので2016年もジョコビッチにやられてしまうのかを
占う大会だと言えますね

次は気になる全豪オープンテニス2016のドローです

全豪オープンテニス2016ドローと錦織圭対戦予想

全豪オープンテニス2016ドローは以下の通りです

出典:wowow
australianopen

錦織圭選手結構厳しい山に入ってしまったという印象です。
この山には昨年からの天敵ブノアペールもいますし、準々決勝まで上がってもジョコビッチと対戦しなければなりませんので、非常に厳しいです。

次にランキング通りに勝ち進んだ場合の錦織圭選手の対戦予想となります。

1回戦   VS フィリップ・コールシュライバー(ドイツ・34)
→32歳のコールシュライバーはキャリア通算6度の優勝を飾っており、世界ランキングでの自己最高位は12位ということで
実力選手ではあります。
が、この相手に錦織圭選手負けたらまずいですよ。
32歳ということで確実に全盛期は過ぎていますので確かにノーシードの中では最強ですが勝ってくれると思います

2回戦   VS オースティン・クライチェク(アメリカ・102)
→ 錦織圭選手のジュニア時代フロリダの練習仲間ですね。この相手に負けることはないでしょう。

3回戦   VS ギリェルモ・ガルシア ロペス(スペイン・27)
→ 過去2戦2勝の選手なので錦織圭選手にとっとは相性のいい相手です。
スペイン選手=クレーで強いという印象ですがハードや芝でも強いので侮れない相手です

4回戦   VS ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス・10)
→ 過去錦織圭選手の4勝2敗なので相性のいい相手ではあるのですが、どうしても2015年の全仏での敗戦が忘れられないですね。あの試合は試合スタートから異常な強風で錦織圭選手がリズムを乱し、ケッチョンケチョンにやられてしまったのです・・・
もし対戦したらリベンジしてやりましょう!

準々決勝 VS ノバク・ジョコビッチ(セルビア・1)
→ もう言うことありません。絶対王者への挑戦になります。

準決勝  VS ロジャー・フェデラー(スイス・3)
→ ロジャーと錦織圭選手の試合は単純に面白いので対戦が見たいです!

決  勝  VS アンディ・マレー(イギリス・2)
→ 正直 錦織圭 vs マレーの決勝って 想像できないですがシード的にはこうなっております。

と勝手にシード通りの錦織圭選手の対戦を妄想してみましたが、当然優勝候補はジョコビッチなわけです。
ということでジョコビッチ対マレーの決勝戦が妥当な線ですが、私としてはナダルに復活してもらいたいのでボトムハーフからの勝ち上がりは ナダルと予想します!

ということで錦織圭選手 ベスト8止まりというのが今大会の予想です。

どうなるでしょうか?錦織圭選手を応援しましょう!!

錦織圭ツアーファイナル2015組み合わせドローと大会概要

錦織圭選手ですが2015シーズンもいよいよ最後になりました。
ひとまず2年連続でツアーファイナル出場は良かったですね!!

昨年のツアーファイナルので初出場選手のうち2015にも出場できたのは錦織圭選手のみですから今年色々ありましたが最低限の仕事は成し遂げたと言えると思います。

しかし2015シーズン後半は全米オープンの初戦敗退からどうもパッとせずBNPパリバ・マスターズ2015も途中棄権となりました。

錦織圭選手によればBNPパリバ・マスターズ2015の棄権理由の脇腹については80~90くらいは良くなっているらしいのでなんとか万全な体調でツアーファイナル2015戦ってくれると信じたいです。

ツアーファイナル2015での活躍があれば錦織圭選手の来年に繋がっていきますので
強敵の予選グループに入りましたが、2年連続決勝トーナメントに進出を錦織圭選手も狙っていると思いますので戦いに注目しましょう!

ATPツアーファイナル2015大会概要

ATPツアーファイナル2015大会概要は以下のとおりとなります。

カテゴリ:チャンピオンズレースシステム
ドロー:8
サーフェス:室内ハードコート
開催地:イギリス ロンドン
開催日程(2015):11.15〜11.22
優勝賞金:1,923,000ドル(2億4000万円ぐらい 笑)
2014優勝者:N・ジョコビッチ

ATPツアーファイナルは通常の大会のトーナメント方式だけではなく出場8選手が2つの予選リーグに別れ各予選リーグの上位2名(合計4名が)決勝トーナメントに進出して優勝を争います。

ATPツアーファイナルの賞金とポイントですが
まずATPツアーファイナルは出場することで142,000ドルの賞金?を獲得することができます。

予選リーグ(ラウンドロビン)では1勝ごとに142,000ドルの賞金と200ポイントを獲得します
さらに決勝トーナメントに進出した時点で準決勝進出になりますが
準決勝での勝利は445,000ドルの賞金と400ポイントを獲得
決勝での勝利は910,000ドルの賞金と500ポイントを獲得

と言うことで全勝で勝利した場合 上記の通り1,923,000ドル手にすると言うことになります。
この大会だけでとんでもない金額を手にすることになります・・

ちなみに昨年の錦織圭選手は
予選リーグで2勝していますので出場のお金と合わせて
142,000×3=426,000ドル(5100万円ぐらい)を手にしています・・・

ATPツアーファイナル2015組み合わせ

ATPツアーファイナル2015組み合わせになりますが

予選リーグ(ラウンドロビン)
グループA(Stan Smith)
ジョコビッチ
フェデラー
ベルディヒ
錦織圭

グループB(Ilie Nastase)
マレー
ワウリンカ
ナダル
フェレール

となりました。
錦織圭選手の現在のランキングからは当然決勝トーナメントに出場できないわけですがこの組み合わせからみるとグループBよりは戦いやすい気もします。
決勝トーナメントに出場するにはベルディヒに勝利してフェデラーかジョコビッチに勝つ必要がありますが、錦織圭選手のフェデラーとの過去の対戦成績は2勝3敗ですから勝つとしたらフェデラーでしょうかね。

今年のジョコビッチは強すぎますから・・・

と言うことで
注目はやはりフェデラー戦と言うことで応援していきましょう!

錦織圭選手期待されてないところで突然強さ発揮するのでもしかするともしかしますよね・・・

全米オープン2015ドローベスト16と優勝予想

全米オープン2015は4回戦に進んでいます。
ここ最近でこれまで日本国民がまあどうでもいっかと思う全米オープンテニス2015
も久々な感じですね・・・

理由は全て 錦織圭が負けたからーーなんですが。。
色々と恨み節を言いたくなる気持ちもありますが、まあ仕方ないですね。

そんな錦織圭選手久々にブログの更新がありました

今回ニューヨークから帰ってきて久しぶりにモチベーションがもの凄く下がってしまいました。
いろんなことも重なり練習に行くのがこんなに嫌になったのは久しぶりの感覚です。
自分は強くなりたいから練習に行くんじゃないのかと自分に言い聞かせても
なかなか脳がアクティブになってくれません。
もう少し時間が必要なのかもですね。

相当落ち込んでますね・・・
そりゃそうです全米オープン2015の優勝候補だったんですから
正直負けちゃいけないところで負けたのは間違いないです。
どんな相手だろうと世界ランキング4位の選手がグランドスラム1回戦で負けるのはね

応援してるからこそなんとか復活してほしいものです。
今後の錦織圭選手の予定は
デビスカップ→楽天オープン→上海オープン
となりますので 何としてもマスターズ1000上海オープンで復活してください!!

ということで全米オープン2015のベスト16以降の戦いについてです

全米オープン2015ベスト16

全米オープン2015の男子ベスト16の戦いは以下のようになっています
既にベスト8進出を決めている選手もいます

マリン チリッチ(9) VS ジェレミー シャーディ (27)
→3-1 チリッチ勝利

ジョー ウィルフリード ツォンガ(19) VS ブノワ ペール
→3-0 ツォンガ勝利

フェリシアーノ ロペス(18) VS ファビオ フォニーニ(32)
→3-0 ロペス勝利

ノバック ジョコビッチ(1) VS ロベルト バウティスタ アグト(23)
→3-1 ジョコビッチ勝利

アンディ マレー (3) VS ケビン アンダーソン(15) 登録

スタン ワウリンカ(5) VS ドナルド ヤング

トマシュ ベルディヒ(6) VS リシャール ガスケ (12)

ロジャー フェデラー(2) VS ジョン イスナー(13)

この時点で錦織圭選手を破った あの ブノアペール ツォンガに敗れましたね。
ツォンガと対戦するのだったら本当に錦織圭選手勝ち上がって全仏の借りを返して
欲しかったですね・・・

4回戦トップハーフはシード通りという結果になりましたが
4回戦ボトムハーフもシード通りという感じがしますね。
結果が分かり次第アップします

全米オープン2015改めて優勝予想

トップハーフはジョコビッチは比較的楽に決勝に勝ち上がるのではないかと
思います

準々決勝は
ジョコビッチ VS フェシリアーノロペス
ツォンガ VS チリッチ
になります

順当に行けば ジョコビッチVS チリッチの対戦ですが
今年はさすがにジョコビッチが勝ち上がると思います

激戦はボトムハーフですね。
順当に行けば
マレー VS ワウリンカ
フェデラー VS ベルディヒ
となります。

今年の流れからすると もしかするとこのボトムハーフは
ワウリンカが勝ち上がるような気もします・・・・
あんまり根拠はないんですが
ワウリンカ勝負強いんで変な時強いですからね・・・

ということで決勝は
全仏オープンの再戦 ワウリンカ VS ジョコビッチ でいかがでしょうか?

錦織圭全米オープン20151回戦敗退について思うこと

全米オープン2015がスタートしましたが、我らが錦織圭選手
まさかの1回戦敗退という結果となってしまいました。

確かに第4セットマッチポイントを握りながらそれを逃し
最終セットまでもつれましたが、さすがに勝てると思っていましたが
残念な結果となりました

錦織圭・Bペール戦の感想

錦織圭・Bペール戦の結果ですが
4-6、6-3、6-4、(6)6-7(8)、4-6

の2-3での敗戦です。

ATPランキング世界4位の選手が初戦で負けるというのは
かなり信じられない結果ではあります。

そんなにペールが強かったかというと確かに第1セットを奪い
その後2セット連取して第4セットでマッチポイントを握って
いたのですからそこまでの相手ではなかったわけです。

でもこの第4セット、完全に押されて取られていたならまだしも
マッチポイントを握って落としたということが
錦織圭選手にどんよりとした メンタルをもたらしてしまったのかもしれません。

第4セットでマッチポイントを握った際もショットが少し雑でした
完全にそこで料理する集中力が欲しかったと思います。

そこからBペールが3ポイントを連取して取られてしまったわけです。

最終セットは錦織圭選手の調子が上がらないままBペールの調子が上がって
いってしまい先にBペールにブレイクを許して信じられないことに
そのまま終わってしまったのです。

全体的にはマックスの錦織圭選手の40%ぐらいの感じで
試合をやっている印象でした。
フットワークが何か重い感じでしたね・・・・
多少のコンディションの悪さは悪いなりに試合を組み立てられる錦織圭選手
だっただけに今回の敗戦は本当に残念です。

敗戦の原因はあったのか?

今回の敗戦の原因はケガなのか?それとも他の理由か?

ここ最近の錦織圭選手の動向としてはロジャースカップでアンディマレーに敗戦しましたが
その際は臀部の痛みが発生し疲労が原因だと言われていました。

今回の試合にも怪我をひきずっていたのでしょうか?

錦織圭選手の試合後のコメントです

1回戦で敗退するのはいつも悲しい事ですが、彼はいいテニスをしていた
と思います。
自分は悪いテニスじゃなかったと思います。凄く良かったわけじゃないけど、
まあいつも最初の試合はむづかしいので。彼が良かったデス。
次の試合の事を考えて来年強くなって帰って来たいと思います。

錦織圭選手のコメントからは特に怪我があったという感じでもなさそうです。

確かに初戦は難しいというのはあるのですが、全米オープンテニス2015に向けた準備期間
は万全だっただけに残念です・・・

この全米オープンの初戦敗退により昨年世界ランキングのポイントを全米オープンテニス2014
で1200ポイント獲得していますので、今年1回戦まけで10ポイントしかとれませんでした

全米オープンテニス2015のあとは間違いなく世界ランキングが現在の4位からは落ちるはずです。
7位か8位ぐらいに落ちることもあると思います。

ま、気をとりなおして頑張ってもらうしかないですね!

錦織圭選手の次戦は
10月5日からの楽天オープン、10月11日からの 上海オープンという感じで続いていく
予定ですが世界ランキング上はATP1000の 上海オープンでなんとしても結果を
出してもらいたいですね

全米オープンテニス2015ドロー決定!錦織圭決勝進出できるか?

ついに全米オープンテニス2015のドローが決定しました!
今年の錦織圭選手の戦いが楽しみですが初戦は世界ランク41位のB・ペール(フランス)と対戦です

全米オープン2015のドローでは錦織圭選手はトップハーフに配置されました。
ジョコビッチ、ナダルと一緒の山でしたね。
決勝進出までの道のりを見ていきたいと思います。

全米オープンテニス2015大会概要とドロー

まず全米オープンテニスの概要ですが以下のとおりです

開催地 アメリカニューヨーククイーンズ区
開催会場 USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター
サーフェス ハードコート – 屋外
男子ドロー 128
女子ドロー 128
優勝賞金   330万0000ドル(3億9600万円)@120円換算

続いて全米オープンテニス2015のドローです
出典:tennis365

トップハーフ1
スクリーンショット 2015-08-28 7.33.50

トップハーフ2
スクリーンショット 2015-08-28 7.34.06

ボトムハーフ1

スクリーンショット 2015-08-28 7.34.24

ボトムハーフ2

スクリーンショット 2015-08-28 7.34.40

トップハーフ1の勝者とトップハーフ2の勝者が準決勝で対戦
ボトムハーフ1の勝者とボトムハーフ2の勝者が準決勝で対戦します

錦織圭選手の決勝までの道のり

錦織圭選手の決勝までの道のりですがシード及び怪しい相手を考えると対戦可能性がある選手は
以下の通りかなと考えています。

1回戦   VS ブノワ・ペール(フランス・41)
2回戦   VS マルセル・イルハン(トルコ・83)
3回戦   VS トミー・ロブレド(スペイン・26) or アレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ・39)
4回戦   VS ガエル・モンフィス(フランス・16) or ジョー ウィルフリード・ ツォンガ(フランス・19)
準々決勝 VS ダビド・フェレール(スペイン・7) or マリン・チリッチ(クロアチア・9)
準決勝  VS ノバク・ジョコビッチ(セルビア・1)
決  勝  VS ロジャー・フェデラー(スイス・2)

さすがに
1回戦・2回戦は順調に勝ち上がってくれると思いますが
3回戦はシード的にはロブレドなのかもしれませんが、
ウェスタンアンドサザンオープンで錦織圭欠場のかわりに出場したドルゴポロフは
結局準決勝まで進みましたので調子としては上向きな可能性があります。
3回戦で当たる可能性がある選手ではないでしょうか。

そして4回戦ですが錦織圭選手には個人的にはツォンガとやって勝って欲しいですね。
全仏オープン2015のあの天候で敗れたのがどうにも納得がいかないので
なんとしても勝ってほしいのです!

準々決勝も同じなんですが 個人的にはチリッチとやってコテンパンにしてほしいです!
個人的な思いで対戦相手を予想しましたが、いずれにせよ今回のノルマは
ベスト4進出なんで ノバクジョコビッチとの対戦まではなんとしても勝ってもらいたいですね。

準決勝から先はどれだけ勝ちたいと思ってるかだけのような気がします・・・・

優勝して欲しいな錦織圭

全米オープン2015シード選手と優勝予想

いよいよ2015年の全米オープンテニスですが
8月31日からスタートします。

我らが錦織圭選手は全米オープン2015では第4シードとなることが決定しました。
グランドスラム大会では最高のシードを獲得しましたね。
これでひとまず最低限の仕事がベスト4ということになるわけで
錦織圭選手にとっては去年のようにはいかないかなり厳しい戦いになると思います。

全米オープン2015シード選手

全米オープン2015のシード選手は以下のとおりです。

1.ノバクジョコビッチ セルビア
2.ロジャーフェデラー スイス
3.アンディマレー イギリス
4.錦織圭     日本
5.スタンワウリンカ スイス
6.トマスベルディヒ チェコ
7.ダビドフェレール スペイン
8.ラファエルナダル スペイン
9.マリンチリッチ クロアチア
10.ミロシュラオニッチ カナダ
11.ジルシモン フランス
12.リシャールガスケ フランス
13.ジョンイスナー アメリカ
14.ダビドゴフィン ベルギー
15.ケビンアンダーソン 南アフリカ
16.ガエルモンフィス フランス
17.グリゴールディミトロフ ブルガリア
18.フェシリアーノロペス スペイン
19.JW ツォンガ フランス
20.ドミニクティエム オーストリア
21.イヴォカルロビッチ クロアチア
22.ビクトルトロイツキ セルビア
23.ロベルトバウティスタアグート スペイン
24.バーナードトミック オーストラリア
25.アンドレアスセッピ イタリア
26.トミーロブレド スペイン
27.ジェレミーシャーディー フランス
28.ジャックソック アメリカ
29.フィリップコールシュライバー ドイツ
30.トマスベルッチ ブラジル
31.ギリェルモガルシアロペス スペイン
32.ファビオフォニーニ イタリア

このシードは現在のATPランキング通りなので特に驚くべきことはないですが
錦織圭選手がワウリンカ、ナダルよりも上というのが日本人としては
単純に嬉しいですね。

全米オープン2015優勝予想

まずブロック的には
トップハーフに シード 1 3 5 が来るので
ジョコビッチ、マレー、ワウリンカ が同じ山になるはずです。

一方ボトムハーフは
シード 2 4 6 が来るので
フェデラー 錦織 ベルディヒ ということになるはずです。

錦織圭選手としては マレー ワウリンカとはあまり対戦したくないと思いますので
ひとまずやりやすい山に配置されるのではないかと思います。

そういう意味では
ベスト4は ジョコビッチ マレー フェデラー 錦織圭という超順当な可能性が考えられます。

ただウェスタンアンドサザンオープンの決勝の試合でジョコビッチは簡単にフェデラーに
負けてしまったとことをみると、もしかするとかなり疲労が溜まっている可能性があります。

もし仮にナダルの調子が戻ったとすると ナダル、マレー、フェデラー、錦織
決勝戦 ナダル フェデラー という レジェンド対決になるかもしれません。

いずれにせよ
錦織圭選手が優勝を目指すのであれば まずはベスト4まで楽に勝ち上がって欲しいですね。
1回戦、2回戦で苦戦すると 体力的に厳しくなってくると思います。

2014年の決勝は準決勝までで疲労困憊という感じでしたので、今年はなんとか体力温存で
決勝まで上がって欲しいものです。

全米オープン2015ドローの発表は8月27日になります

Return Top