Tennis Jam

錦織圭とジョコビッチ対戦成績マイアミオープン2016の決勝戦は錦織圭の勝ち?

いよいよ錦織圭とジョコビッチが決勝で対戦するマイアミオープン2016決勝です
日本時間4月4日の午前2時からスタートします

錦織圭とジョコビッチの過去の対戦成績は錦織圭の2勝6敗です
過去の対戦成績、現在のランキング(ジョコビッチ1位、錦織圭6位)から考えても
このマイアミオープン2016の決勝で勝つ確率が高いのは当然ジョコビッチとなるのですが果たして今回はどうでしょうか?そ
錦織圭が勝てるとしたらどういう試合展開なのかを考えてみたいと思います

錦織圭とジョコビッチの過去の対戦成績

<1戦目2010年全仏オープン2回戦>
 N・ジョコビッチ 6-1, 6-4, 6-4 錦織圭  ジョコビッチ勝利
 錦織圭とジョコビッチの初めての対戦が2010年の全仏オープン2回戦でした。
 2010年の世界ランキングとしてはジョコビッチは3位でしたので今のような絶対王者的な貫禄はまだ無い状況です。

 一方の錦織圭も2010年は肘のケガで1年間試合から遠ざかっていたところからの復帰の年でした。
 今では考えられないですが2010年の錦織圭選手の目標は世界ランキング100位以内という目標です。
 この当時のジョコビッチと錦織圭は全く相手にならないというほどの格差がありました。
 試合後の錦織圭選手は「自分のプレーをさせてくれなかった。弱点がなかった。悔しい」と語っています。
 
<2戦目2011年スイス・インドア準決勝>
 錦織圭 2-6, 7-6 (7-4), 6-0 N・ジョコビッチ 錦織圭勝利
 
 第2戦目2011年のスイスインドアで錦織圭はジョコビッチに勝利します。
 この当時ジョコビッチは世界ランキング1位と錦織圭は調子を上げてきた年で世界ランキング32位でした
 ただこの試合スコアを見てもらうとわかるのですが第3セット 6-0をみてもらえばわかりますが
 何かあったわけです
 ジョコビッチはこの大会では肩の痛みを抱えており後半はコンディションが悪化していたものと思われます
 

<3戦目2014年全米オープン準決勝>
 錦織圭 6-4, 1-6, 7-6 (7-4), 6-3 N・ジョコビッチ 錦織圭勝利
 第3戦目はあの錦織圭が準優勝した年の全米オープン準決勝です。
 当然誰もが錦織圭が勝つとは思っていなかった中で勝利した試合でした。
 
 1戦目はまだ実力不足、2戦目はジョコビッチのコンディション悪化という要因で勝敗が決していましたが
 この戦いは錦織圭が勝つべくして勝った試合と言っても良いと思います
 
 錦織圭選手がいわゆるゾーンに入るということが何度も起こりジョコビッチにストロークで打ち負けない錦織圭を
 見れて日本中が熱狂した試合です。
 錦織圭選手はセカンドサーブの際には前に出て打つといった作戦を立てており、この全米オープンではこの戦術で
 ワウリンカも打ち破っています。
 その後の全米オープン決勝の相手がチリッチだっただけにここで優勝できなかったのは本当に残念です
 
<4戦目2014年パリ・マスターズ準決勝>
 N・ジョコビッチ 6-2, 6-3 錦織圭  ジョコビッチ勝利
 
 第4戦目は2014年のパリマスターズ準決勝ですが、この試合は錦織圭はあっさりジョコビッチに負けてしまいます。
 錦織圭の大会日程が過密でかなり疲労が溜まっていたと言われています

<5戦目2014年ATPツアー・ファイナル準決勝>
 N・ジョコビッチ 6-1, 3-6, 6-0 錦織圭  ジョコビッチ勝利
 
 5戦目2014ツアーファイナル初出場の錦織圭とジョコビッチの対戦はテニスファンの注目を集めた試合でした
 実際に私もみていましたが、非常に面白いゲームだったのを覚えています。
 第1セット完璧なまでにジョコビッチにボコボコにされメンタル的にも追い詰められた錦織圭だったのですが
 なんと第2セットで息を吹き替えします。また全米オープンの時のようなゾーンに入った錦織圭が炸裂し
 第2セットは錦織圭が流れを引き寄せてセットを奪います。
 第3セットも序盤完全に錦織圭の流れだったのですが。。。
 逆に勝てるのではないか?という気持ちからか最後に錦織圭はミスを起こし自滅してしまったのです。。。

<6戦目2015年ローマ・マスターズ準々決勝>
 N・ジョコビッチ 6-3, 3-6, 6-1 錦織圭  ジョコビッチ勝利
 
 6戦目2015ローママスターズですがこの試合は前年のツアーファイナルのようなスコアとなり錦織圭は敗れています
 この試合はジョコビッチのコンディションもさほど良いわけではなかったのですが、
 やはり2セット目とった後の第3セットはジョビッチに何もさせてもらえず試合は終わってしまいました

<7戦目2015年>ATPツアー・ファイナル ラウンドロビン>
 N・ジョコビッチ 6-1, 6-1 錦織圭  ジョコビッチ勝利
 
 第7戦目はツアーファイナルの予選ブロックですが、この試合みていましたが、この時のジョコビッチは過去の対戦時とは
 比べものにならないくらいの最強状態でした。
 錦織圭は正直何もできずにあっという間に終わってしまった試合です。
 実際に錦織圭とジョコビッチがランキング10位以内として対戦し始めた2014年全米オープンから考えると
 ジョコビッチの進化と錦織圭の進化は明らかにジョコビッチの進化が上回っているんだと実感できる試合でした

<8戦目2016年全豪オープン準々決勝>
 N・ジョコビッチ 6-3, 6-2, 6-4 錦織圭  ジョコビッチ勝利

 第8戦目は2016年全豪オープン準決勝です
 この試合はそれはもう空気を読まず勝ち続ける絶対王者のジョコビッチには序盤から揺さぶるしかないと考えた
 錦織圭が異常に積極的に序盤からジョコビッチを攻め立てた試合でした。
 しかしジョコビッチはその嵐が過ぎ去るを待ちながら錦織圭の攻撃を冷静に対処しているうちに
 完全にジョコビッチがペースを握り結果として錦織圭が完敗した試合です

錦織圭がジョコビッチに勝てるとしたら・・

錦織圭とジョコビッチの過去の対戦成績をみてきましたが、
2014年全米オープンでの錦織圭勝利以降、ジョコビッチは明らかに錦織圭を研究しているし
錦織圭を一流選手と考え対戦していることは明らかです。
つまり本気で対戦しています。

結果現在錦織圭はジョコビッチに5連敗中ということです。

では勝てるとしてたらどんな試合かということですが、過去スイスインドア(2戦目)以外の試合は
ファーストセットを取った方が勝っています。

これに関しては錦織圭とジョコビッチだけの話ではありませんが
当然ファーストセットを取れば優位になります。

ということで弱者である錦織圭は最初から前回でファーストセットをとるしか勝つ方法はないわけです。
そのためにはサービスゲームを意地でもキープして、ジョコビッチのサーブは死んでも返して
得意のストロークに持ち込み続けるしかないわけです

錦織圭のグランドスラム大会での優勝も大事ですがまずはマスターズ1000の大会での初優勝を期待しましょう!

錦織圭BNPパリバ・マスターズ2015ドローと大会概要!錦織圭今回もダメか?

久々に錦織圭選手がATPツアーに帰ってきますね。BNPパリバ・マスターズ2015ドローが発表されました。

2015年のここまでの流れですが、全米オープン初戦敗退からどうもパッとしない状況が続いていた錦織圭選手ですが
楽天オープン→上海マスターズと出場して本来出場するはずであったスイスのバーゼルを欠場します。

この時点で錦織圭選手はツアーファイナル(年間上位8位までが出場)への出場を決めていません。
ツアーファイナル出場の可能性を残していたのがフェレール・錦織圭・ガスケの3人だったのですが、ガスケはパリバマスターズまで勝ち続けた場合にやっと出場権をもらえるというポイントだったためほぼ フェレール、錦織圭のツアーファイナルの出場は決まっていたと言えます。

そしてガスケがスイスバーゼルの準決勝でナダルに敗退したために、ツアーファイナル出場者が以下のように確定しました。

ATPツアーファイナル出場選手は

ジョコビッチ
フェデラー
マレー
ワウリンカ
ベルディヒ
ナダル
錦織圭
フェレール

そして今シーズンはBNPパリバ・マスターズとATPツアーファイナルを残すのみとなったわけです。
錦織圭選手は今年後半取得ポイントが2014年よりも明らかに失速しているために、スランプか?と言われていますが
年間通して好調を維持するというのは中々難しいということなんだと思います。

2016年につなげるという意味では錦織圭選手にとって2015年の残り2戦が重要ということなので、頑張ってもらいたいと思います

BNPパリバ・マスターズ2015大会概要

BNPパリバ・マスターズ2015の大会概要は以下のとおりとなります。

カテゴリ:ATPワールドツアーマスターズ1000
ドロー:48
サーフェス:ハードコート
開催地:フランスパリ
開催日程(2015):11.2〜11.8
優勝賞金:571,355ユーロ(7800万円)
2014優勝者:N・ジョコビッチ

マスターズ1000の大会なので強豪が出場していますので戦いとしては厳しいですが、休み明けということで
錦織圭選手の活躍を期待したいですね。

BNPパリバ・マスターズ2015ドロー

BNPパリバ・マスターズ2015のドローです

トップハーフ

スクリーンショット 2015-11-03 22.12.40

ボトムハーフ

スクリーンショット_2015-11-03_22_12_55

錦織圭選手のBNPパリバ・マスターズ2015の対戦予想ですが、シード順位からすると以下の通りになります

2回戦 ジェレミーシャーディ(フランス)
3回戦 リシャールガスケ(フランス)
準々決勝 アンディマレー(スコットランド)
準決勝 ロジャーフェデラー(スイス)
決勝  ノバクジョコビッチ(セルビア)

この対戦で仮に錦織圭選手が優勝したら相当すごいと思います。休養明けの錦織圭選手は強いということが言われていますが、ここ最近錦織圭選手はランキング下位の選手にも色々と研究されていますのでかなり苦戦しているという印象です。

今回も当然2回戦、3回戦も苦しい戦いになると予想されます。
ただ一応錦織圭選手のランキングは10以内なので少なくとも準々決勝には進出してもらいたいですね。。。
BNPパリバ・マスターズ2015で準々決勝まで進出するともしかすると錦織圭選手吹っ切れるかもしれません。

それ以降当たる選手が負けても仕方ない選手になりますから、思い切りの良い戦いを見せてくれるのではないかと予想します。

ということでこのBNPパリバ・マスターズ2015の錦織圭選手の予想は・・・準決勝進出ぐらいにしておきましょう!

最後に頑張ってもらいたいのはATPツアーファイナルですからツアーファイナルにつながる戦いを期待したいですね!

錦織圭上海ロレックスマスターズ2015ドローと大会概要!今の錦織圭だと・・

楽天ジャパンオープンテニス2015ですが錦織圭選手残念ながらBペール選手に6-1 4-6 2-6で逆転負けという
結果で終了となりました。
Bペールには全米オープン2015の初戦に続く敗戦ですから完全に苦手意識持ってしまった感じがしますね・・・

ただBペール世界ランキングは30位近辺なのですが、ここ最近どうも強さが目に付きます。
年齢も26才なんですがひょっとして大器晩成型の選手なの?と噂になっているので今後も引き続き注意して
見ていきたいと思います。

ただ錦織圭選手のランキングではとりこぼしてはいけない選手だとは思いますが・・・

ということで気を取り直して錦織圭選手の次戦上海ロレックスマスターズ2015についてまとめていきたいと思います。
この上海ロレックスマスターズ2015では錦織圭選手なんとか良い成績を残してツアーファイナルを決めて欲しいなと思います

上海ロレックスマスターズ2015大会概要

上海ロレックスマスターズ2015の大会概要は以下のとおりとなります。

カテゴリ:ATPワールドツアーマスターズ1000
ドロー:56
サーフェス:ハードコート
開催地:中国上海
開催日程(2015):10.11〜10.18
優勝賞金:798,540ドル
2014優勝者:ロジャーフェデラー

マスターズ1000の大会なので当然ATPランキング上位の選手が出場しますのでかなり厳しい戦いが
予想されますが、錦織圭選手の上海ロレックスマスターズでの過去の成績は以下のとおりです

2010:予選1回戦敗退
2011:ベスト4
2012:2回戦敗退
2013:3回戦敗退
2014:2回戦敗退

となります。2011年はベスト4ですがそれ以外はあまり良い成績は残せていないのが錦織圭選手にとっての
上海マスターズになります。

今年は全米オープンテニス2015からBペールにやられっぱなしですが、決して悪いテニスというわけではないと思いますが、今年の上海ロレックスマスターズ2015のドローを見ていきたいと思います

上海ロレックスマスターズドロー2015

上海ロレックスマスターズ2015のドローです

トップハーフ
スクリーンショット 2015-10-10 21.41.29

ボトムハーフ
スクリーンショット 2015-10-10 21.41.59

錦織圭選手の上海ロレックスマスターズ2015の対戦予想ですが、シード順位からすると以下のとおりになります

2回戦 ニックキルギオス(世界ランキング34位)
1-6
6-4
6-4

2-1で錦織圭選手ニックキルギオスとの初対戦を制しましたね。まあニックキルギオスは若手の注目選手なのでこのくらいの苦戦は想定内といったところでしょうかね。
しかしここ最近の錦織圭選手はしたからの突き上げもきついですね。これも追われる立場になったということですね。

そして3回戦は確定でケビンアンダーソンとなりました

3回戦 ケビンアンダーソン(世界ランキング12位)←確定
準々決勝 ロジャーフェデラー(世界ランキング2位)
準決勝 スタンワウリンカ(世界ランキング4位)
決勝  ノバクジョコビッチ(世界ランキング1位)

錦織圭選手1回戦はスキップですが、いきなり2回戦ニックキルギオスだとすると結構嫌な相手だと思います。
2回戦突破すれば比較的相性のいいケビンアンダーソンとの対戦になりますが、準々決勝はフェデラーなので
今の錦織圭選手だと準々決勝進出どまりな気がしますね・・・

それでもマスターズ1000初制覇実現に向けて応援しましょう!

ウェスタンアンドサザンオープン準決勝結果とジョコビッチのゴールデンマスターズへの期待

ウェスタンアンドサザンオープンも試合が進んで準決勝

準決勝は日本時間8月23日 2時00分から行われました

試合結果は
ノバック ジョコビッチ(1) VS アレクサンダー ドルゴポロフ
4-6 7-6(7-5) 6-2 の 2-1でジョコビッチ勝利!

ロジャー フェデラー(2) VS アンディ マレー(3)
6-4 7-6(8-6) 2-0 フェデラー勝利!

となりました。

準決勝見かけない名前がありますがアレクサンダー ドルゴポロフ ですね。
錦織圭選手が負傷欠場により予選から勝ち上がった選手です。

皮肉なものです・・・
ある意味ウェスタンアンドサザンオープンはシード通りとなりました
ドルゴポロフ 第4シードの位置に入ってますからね(笑)

もともとこちらの記事では
準決勝は ジョコビッチ vs ベルディヒを予想していたのですが
準々決勝で勝ち上がったということは ドルゴポロフもなかなか強かったですね。

しかしジョコビッチを破るところまではできませんでした。
今回ジョコビッチが優勝するとATPワールドツアー・マスターズ1000のある偉業を達成します
ATPワールドツアー・マスターズ1000について少し解説します

ATPワールドツアー・マスターズ1000

ウェスタンアンドサザンオープンオープンですが
ATPワールドツアー・マスターズ1000と言われる大会です。

ATPワールドツアー・マスターズ1000とは
四大国際大会(グランドスラム)や年間最終戦に次ぐ規格に分類される大規模大会の総称です。
この下にはATP 500 ATP250と続いていくわけです。

ATPワールドツアー・マスターズ1000はATPエントリー・ランキングの上位シード選手に
出場資格義務があり、不当な理由で欠場した場合は翌年に参戦できない決まりがあります。

ただし、2009年よりATPが選手達の負担を考慮して、例外的にモンテカルロ・マスターズについては
出場義務を課さない事が決定した。
またある規定の条件の実績を残した選手には出場義務が軽減されるのです。

どんな条件で出場義務が軽減されるかというと

①通算600試合以上
②年間12大会以上参戦した年から数え始めて通算12年以上のプレー
③31歳になること

条件を1つ満たすごとに1大会欠場することが許され、3つすべての条件を満たした選手
マスターズの参戦義務は消滅する仕組みとなるのです。

この3つの条件を満たしているのはフェデラーしかいません。
つまりフェデラーは別にマスターズ1000に出なくても特に問題はないわけです。

もちろん出場しなければポイントや賞金は獲得できなくなるのですが、グランドスラム大会に向けた調整がしやすくなりますよね。

ATPワールドツアー・マスターズ1000に分類される大会は以下の大会となります。

インディアンウェルズマスターズ(BNP パリバオープン) 開催地アメリカ ハードコート
マイアミマスターズ(ソニーオープン) 開催地 アメリカ ハードコート
モンテカルロマスターズ 開催地モナコ クレーコート
マドリードマスターズ 開催地 スペイン クレーコート
ローママスターズ   開催地 イタリア クレーコート
カナダマスターズ(ロジャーズカップ) 開催地 カナダ ハードーコート
シンシナティマスターズ(W&Sオープン) 開催地 アメリカ ハードコート
上海マスターズ 開催地 中国 ハードコート
パリマスターズ 開催地 フランス ハードコート

今回ジョコビッチが優勝した場合ATPワールドツアー・マスターズ1000に関する偉業とはなんでしょうか?

ATPワールドツアー・マスターズ1000のジョコビッチの偉業とは?

ジョコビッチが達成しようとしているATPワールドツアー・マスターズ1000に偉業とは
上記のATPワールドツアー・マスターズ1000すべての優勝なのです。

ATPワールドツアー・マスターズ1000すべての大会の優勝をゴールデンマスターズと言いますが
今まで誰も達成したことがありません。

過去のジョコビッチのATPワールドツアー・マスターズ1000の優勝歴ですが

インディアンウェルズマスターズ(BNP パリバオープン) 2011,2014,2015
マイアミマスターズ(ソニーオープン) 2011,2012,2014,2015
モンテカルロマスターズ 2013,2015
マドリードマスターズ 2011
ローママスターズ   2011,2014,2015
カナダマスターズ(ロジャーズカップ) 2011,2012
シンシナティマスターズ(ウェスタンアンドサザンオープン) なし
上海マスターズ 2012,2013
パリマスターズ 2013,2014

となります。

こう見るとジョコビッチの2011年以降は本当に強いですね。
食事変えて以降です

さてでは今年ゴールデンマスターズ達成できるでしょうか?
やはり気になるはコンディションです。

ジョコビッチは第2セットの第5ゲームが終わった時点でメディカル・タイムアウトを要求。

トレーナーはジョコビッチの左脇腹の下の方の部分と、腹筋の辺りをチェックしていた。

ジョコビッチは「小さなトラブルだ」と話していて、そのまま試合をタイブレークまで持ち込んでいる。

ということで必ずしも万全ではない体調のなか全米オープンも控えていますが・・・
ゴールデンマスターズをとりにいってほしいです!

試合は8月24日 2時00分開始予定です。

ウェスタン&サザンオープン2015ドローと優勝予想!随時試合経過アップ

ウェスタン&サザンオープン2015はじまりましたが残念ながら今回は
錦織圭選手は欠場となりました。

ロジャーズカップ準決勝アンディーマレー戦での怪我が原因です。
ウェスタン&サザンオープンは8月31日から始まる全米オープンの
前哨戦として非常に重要な大会であったので錦織圭選手には出場
してほしかったですが、仕方ないですね。

ウェスタン&サザンオープンの大会概要や2015ドローや優勝予想について
見て行きたいと思います。

ウェスタン&サザンオープン大会概要と2015ドロー

ウェスタン&サザンオープンの大会概要は以下の通りとなります。

大会名:ウェスタン&サザンオープン(W&Sオープン)
カテゴリー:マスターズ1000
ドロー:56
サーフェス:ハードコート
開催地:アメリカ シンシナティ
優勝賞金:731,000ドル(9,100万円)
獲得ポイント:1000

2012年優勝者 ロジャーフェデラー
2013年優勝者 ラファエルナダル
2014年優勝者 ロジャーフェデラー

ちょっと気になるこの直後の全米オープンの優勝者
2012年優勝者 アンディマレー
2013年優勝者 ラファエルナダル
2014年優勝者 マリンチリッチ

ということで 2013年がウェスタン&サザンオープンと全米オープンの勝者が同じで
ラファエルナダルになっていますね。

さて今年はどうなるでしょうか??

ということでウェスタン&サザンオープン2015のドローになります。

スクリーンショット 2015-08-18 23.24.37

シードは以下の通りです
第1シード ジョコビッチ
第2シード フェデラー
第3シード アンディマレー
第4シード 錦織圭→欠場→この位置にドルゴポロフ
第5シード ワウリンカ
第6シード ベルディヒ
第7シード チリッチ
第8シード ナダル
第9シード ラオニッチ
第10シード シモン
以下省略

シードを見ると明らかですがここ最近今ひとつなのでがナダルとラオニッチですね。
ナダルはご存知の通り2015年のシーズンはずっと不調ですが
ラオニッチは昨年の勢いからすると錦織圭選手同様2015年は世界ランキング5位以内
を狙う勢いでしたが、今ひとつ伸びてきていない感じですね。

ウェスタン&サザンオープン優勝予想

ウェスタン&サザンオープンの優勝予想ですが全米オープンの直前ということで
その前までの大会の出場の状況、過去の実績から言ってロジャーフェデラーだと
思います。

シード的には当然ジョコビッチということになるとは思うのですが
ジョコビッチはロジャーズカップ決勝まで進んでアンディマレーと対戦していますが
フェデラーはロジャーズカップの出場をスキップしています。

そういう意味では全米オープンに向けてジョコビッチは軽めの調整、フェデラーは
強めの調整という位置付けの大会になるのではないでしょうか?

ということでウェスタン&サザンオープンの準決勝進出予想としては

準決勝: ジョコビッチvsベルディヒ
準決勝: フェデラーvsマレー

決勝:フェデラーvsベルディヒ

という感じでしょうか・・・

個人的には問題児のキリオス(オーストラリア)には今大会も注目しています。

試合経過も追ってアップしていきます!

Return Top