Tennis Jam

テニスランキングATPランキング、ATPレースの仕組みと計算方法

ここ最近は錦織圭選手の人気でテニスの人気が上がってきて嬉しいのですがよくテニス世界ランキングが発表されて錦織圭選手が10位以内とか5位以内とか話題になりますが、このランキングの計算の仕組みが少々複雑なので整理しておきます

男子テニス協会(ATP)ランキングについて

まず男子国際テニスのランキングには、2つの種類があります。
通常世界ランキングと呼ばれるのは「ATPランキング」で、相撲の番付表みたいなものになります。そしてもう1つがATPワールドツアー・チャンピオン(ATP World Tour Champion)で「ATPレース」(ATP Race)と言われるその年の成績表です。

まずATPランキングの仕組みについて

ATPランキングは簡単に言ってしまうと過去1年間のランキングを競うものになります。過去1年間というのは何を意味しているかというと、1年前の同一大会で獲得したポイントが消滅して今年の大会で書くとしたポイントが加算されていく過去1年間の累積ポイントなのです。

具体的に説明しますと、錦織圭選手は全米オープンテニス2014で準優勝をしました。その時点で1200ポイントを取得しています。しかし全米オープンテニス2015において錦織圭選手は初戦敗退しています。初戦敗退の獲得ポイントは
10ポインントですから錦織圭選手のポイントは マイナス1200プラス10=マイナス1190ポイントということになるわけです。

つまり1年前の大会で優勝した場合は今年も優勝して初めてポイントを維持できるわけで昨年を常に上回る成績を取っていかないとランキングは簡単に下がってしまいます。
さらにこのポイント算定される大会は上位の18大会に限られますので、やたらとポイント稼ぎのために下位の大会に出場しても意味がないのです。現時点のテニスの本当の実力を表したランキングと言えると思います。

トップ30位以内の選手に課されるルール

ATPランキングにはトップ30位以内の選手に課される特別なルールも存在します。
トップ30位以内の選手はどの大会に出場しても予選免除となりますが、以下のような出場しなければならない義務も存在します。

グランドスラム大会に4回出場
マスターズ1000のランクの大会に8回出場
ワールドツアー500に3回出場
ワールドツアー250に2回出場
つまり合計18大会に出場しなければならないわけです。

各トーナメントのポイント表

以下が各大会種別のポイント表になります

6 優勝 準優勝 SF QF R16 R32 R64 R128
グランドスラム 2000 1200 720 360 180 90 45 10
マスターズ1000 1000 600 360 180 90 45 10(25) (10)
マスターズ500 500 300 180 90 45 (20)    
マスターズ250 250 150 90 45 20 (5)    

ワールドツアーズファイナルで重要なATPレース

次にもう一つのランキング ATPレースですがこれは毎年1月1日から0ポイントで横並びにして計算されてていくポイントレースです。
ATPレースは新たなポイント獲得を累積していきますので1年のはじまりのころはATPランキングとかけ離れたものになる可能性がありますが、年末に近づくにつれてATPランキングとATPレースはほぼ同じような順位になってくることになります。

なぜこのATPレースがあるかというと11月までの累積ポイントが高い順に、上位8名が、『ワールドツアーズファイナル』への出場権を獲得して年間のチャンピンを争うことになるわけです。

テニスのコートの種類と特徴

テニスコートの規格(大きさ)は23.77M×10.97Mと決まっていますが
コートの材質が異なるものが存在しています。
そもそもテニスコートの材質にはどのようなものがあって、どのような特徴があるのかを
知っておくことはテニスを見ていくことで重要です。
それぞれのコートについて確認していきましょう

テニスコートの種類とは

テニスコートの種類は5種類存在します。
もし5種類以外あれば教えてくださいwww
順番に見ていきましょう。

ハードコート
アスファルトの上に、化学樹脂をコーティングされてできたコートです。

硬いコートなので弾むとボールの速度が増しますのでサーブも球足が速く、
弾まないような打ち方に向いていると言われています。

ほかのコートに比べて、維持管理に手間がかかりませんので、世界中で一番多いコートです。
コートが乾きやすいので、雨降り後も比較的すぐにプレーできます。

テニスの4大大会では、全豪オープンと全米オープンがハードコートとなります。

グラスコート
天然芝のコートです。
もっとも球足が速く、バウンドも低く不規則なのでで、サーブアンドボレーを得意とする選手
が得意とするコートと言われています。

またバウンドが不規則になるので怪我をしやすいとも言われています。
2015錦織圭選手がウィンブルドンを含むグラスコートシーズンで怪我をしていましたよね。
天然芝は維持管理が非常に大変なので日本にはほどんど存在しないコートです。
テニスの4第大会では全英オープン(ウィンブルドン)で採用されています

クレーコート
文字通り土でできたコートです。テニスの4大大会では全仏オープンがこのクレーコートを使用しており、
アンツーカーコートと呼ばれています。
全仏オープンのコートはレンガを砕いて作った粉が使われています。

球足が遅いためラリーが続きやすく、弾力を持つので疲労感が少ないのも特徴です。
しかし非常に天候に左右されやすいコートで、風邪で砂が舞うこともしばしばです。
乾燥にも弱いためメンテナンスに手間がかかります。
また、雨が降った後はすぐ使用できないことも多く、ボールが全く弾まなくなります。
気候に非常に左右されやすいコートです。
2015全仏オープンで錦織圭選手対ツォンガ戦序盤に強風が吹き錦織圭選手が
完全に試合に集中できない状況がありましたね。

オムニコート
人工芝の上に砂が巻いてあるコートです。
ウィット状態でもドライ状態でも適度な滑りと弾力性を維持できます。さらに足腰への負担が少ない
と言われています。
このコートは日本でかなり普及しており、屋外にあるテニスコートの多くはオムニコートの場合が多いです。

カーペットコート
絨毯のような素材が敷き詰めらているコートで、屋内のテニススクールなどで使われています。
維持管理は非常に楽で球足が早くなるのが特徴です。

コートによるプレイの注意点

プロのテニスを単純に観戦するときはコートの特徴を押さえて楽しんで観戦すればよいのですが
実際にプレーする際に少々注意が必要になります。

それはテニスシューズです。
テニスコートの特徴によって使うべきテニスシューズが異なってきますので注意が必要です。
例えばカーペットのコートで屋外用のシューズを履いてプレーすると転倒などのリスクがあり
危険です。

見てもらえば一目瞭然ですが
カーペットコート用のシューズの裏側の画像です。

スクリーンショット 2015-08-20 0.09.10

つるっとしています。
つるっとして適度に滑るようにしていないとカーペットでつまずいて危ないということなんですね。
もしテニスのプレーをしようと思っている方はどのコートでプレイするかによって
シューズを選択する点は注意が必要です

テニスのルールコートや点数について

テニスのルールが良くわからないという方のためのテニスの基礎的知識になります。
まずテニスのゲームを楽しむためには色々と知っておいたほうが良いことがありますが
ここでは テニスのコートと得点のカウントの説明をします。

テニスコートの説明

テニスコートは以下のようになっています。

スクリーンショット 2015-08-18 7.09.17

それぞのラインはの名前を厳密に覚えておく必要はないですが、なんとなくこうなってるのね
と知っておけば大丈夫です。

基本的なゲームの流れはベースラインまで下がってサーブを打ちます。
サーブを打つ際はセンターマークの右か左に寄ってサーブを打ちます。
仮にセンターマークの右側に立ってサーブを打った場合
コート上のサービスコート(レフト)の中にサーブを打ち込まないといけません。
左側に立った場合はサービスコート(ライト)に打つこむ必要があります。

サーブは2回まで打つことができるのですが2回失敗すれば相手の得点になる
ということです。

テニスの試合をみていると1本目のサーブを思い切り打っているというのがわかります。
(テニスコートに速度が表示されているのでそれを見ればわかるりますので一度見てみてください。)
サーブを打つ権利が2回あるので1本目はリスクを負ってでも早いサーブで相手に不利になる
ようにサーブを打つわけです。

一方2本目のサーブはリスクを取れないので確実にサービスコートに入るような遅いサーブを
打つということになります。

サーブを打ったあとに相手が打ち返すことをリターンと言います。
ワンバウンドで返球してそれがお互い継続する限りゲームは続きます。

コート上のどこに返球(リターン)しなければならないかが
シングルス(1対1)とダブルス(2対2)で異なります。

シングルスはコート上のサイドライン(シングルス)とベースラインで囲まれた範囲
ダブルスはコート上のサイドライン(ダブルス)とベースラインで囲まれた範囲
に返球しなければアウトとなって相手の得点となります。

つまりシングルスのほうが狭いコートでゲームが展開しているということになります。
当然といえば当然で2人より1人のほうがカバーできる範囲が狭いので当然コートも狭いということです。

テニスコートに関する基本的な知識は以上ですが、テニスの試合を見てしまうのが
理解する上で非常に早いので是非実際にテレビでも試合を観戦してみることをお勧めします

テニスの得点の説明

次にテニスの得点の説明です。
まずテニスには セットとゲームとポイントがあるということを理解する必要があります。

順番としては
ポイント→ゲーム→セット になります。
つまりポイントが積み上がるとゲームを取得してゲームが積み上がるとセットを取得します。

まずポイントですがテニスでは割と特殊なポイント換算になりますがそんなに難しくはありません。

まず最初のポイントが 15(フィフティーン)です
次のポイントが 30(サーティー)
次のポイントが40(フォーティー)
次のポイントを取ると 1ゲームを取得です。

例えばゲームが始まりある選手が連続で2ポイント取った状態は
30−0
次に相手選手がポイントを取ると
30-15
次に最初の選手がポイントとを取ると
40-15
さらに最初の選手がポイントをとると1ゲーム取得ということになります。
ただし
40-40になった時には次にゲームをとった側が
アドバンテージと言われてリードします。そしてアドバンテージ側が続けてポイントを
取れば1ゲームを取得できます。
つまり1ゲームを取るには 2ポイント差で勝たないとダメだというわけです。

では次にゲームはいくつ取る必要があるのかですが
基本的には6ゲームを取得すると1セットを獲得することになります。
ただしここでも6-5では1セットを獲得できないのです。

次のゲームで 7-5とするかもしくは6-6となった後で
特殊なゲーム進行のタイブレークで勝利することが必要になります。
ここではタイブレークの説明は省きますが、基本的にセットの獲得も
2ゲーム差で勝つか、タイブレークを勝たないいけません。

最後にセットはいくつ獲得すればゲームに勝利できるのかですが
これは大会によって変わってきます。
男子の場合
グランドスラム大会(最高ランクの大会:全豪オープン、全仏オープン、全英オープン、全米オープン)
は3セットとらないと勝てませんがそれ以外は2セットを獲得すればゲームに勝利します。

女子の場合は
グランドスラム大会もそれ以外の大会も2セット獲得で勝利になります。

この点男子グランドスラム大会は最大5セット戦って相手に勝つ必要がありますので
本当にテニスの実力が反映される大会だと言われているのです。

ルールの理解を深めるためにはまずは沢山の試合を見てみましょう!

Return Top